大胆で、しなやか!大人の女性を魅了する『エルサ・ペレッティ』の世界『オープンハート』や『ダイヤモンド バイ ザ ヤード』など、 ティファニーの名品を数多く生み出してきたエルサ・ペレッティ。 シンプルなスタイルにオーガニックな美しさの宿る彼女のジュエリーの 魅力と、大人にふさわしい注目のコレクションをご紹介します。

PR

Elsa Peretti Diamondsby The Yard

ネックレス『エルサ・ペレッティ ダイヤモンド バイ ザ ヤード』 1.¥1,020,000【イエローゴールド×ダイヤモンド1石 長さ41㎝】・2.¥255,000【ローズゴールド×ダイヤモンド3石長さ41㎝】・3.¥ 590,000【イエローゴールド×ダイヤモンド9石 長さ77㎝】・4.¥164,000【ローズゴールド×ダイヤモンド1石 長さ41㎝】(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)

「ダイヤモンドをもっとカジュアルにデザインしたかったの」という、ペレッティの思いから誕生した名作。繊細なチェーンでつながれたベゼルセットのダイヤモンドが、肌の上で光の雫のように輝く。
エルサ・ペレッティについて

Elsa Peretti Wave

ネックレス/上『エルサ・ペレッティ ダイヤモンド フープ』¥465,000【イエローゴールド×ダイヤモンド】・下『エルサ・ペレッティ ウェーブ』¥660,000【イエローゴールド】・バングル/手首側から『エルサ・ペレッティ ダイヤモンド フープ』¥200,000【ローズゴールド×ダイヤモンド】・同¥375,000【イエローゴールド×ダイヤモンド】・『エルサ・ペレッティウェーブ』¥465,000【ローズゴールド】・リング『エルサ・ペレッティ ウェーブ』/中指指先から¥260,000【イエローゴールド×ダイヤモンド】・¥167,000【イエローゴールド×ダイヤモンド】・薬指¥230,000【ローズゴールド】(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) ・ワンピース¥65,000(マックスマーラジャパン〈エス マックスマーラ〉)

さざ波のようにうねるワイヤーが光を受け、繊細に煌きらめくコレクション。海に対して深い愛と称賛を抱くペレッティならでは。ダイヤモンド付き『フープ』と重ねて迫力を。

Elsa Peretti Aegean

右手/ブレスレット『エージアン』手首側から¥1,090,000【イエローゴールド】・¥2,050,000【イエローゴールド】・左手/バングル『ボーンカフ』¥1,450,000【イエローゴールド】・ピアス『エルサ・ペレッティ ラウンド』¥250,000【イエローゴールド】(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)・ ニット¥125,000(三喜商事〈バンフォード〉)

右手を飾る『エージアン』は、海底で砂や水の作用によって丸みを帯びたチェーンリンクがイメージ。左手は、大英博物館にも展示されている不朽の名作『ボーンカフ』。

Green Jade

ネックレス『エルサ・ペレッティ クロー』¥1,390,000【 グリーンジェイド×イエローゴールド】・リング/人さし指『エルサ・ペレッティ セヴィアナ』¥335,000【グリーンジェイド×イエローゴールド】・薬指『エルサ・ペレッティ カボション』¥440,000【グリーンジェイド×イエローゴールド】(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)・ ドレス¥344,000(ザ・ロウ・ジャパン)

カラーストーンのダイナミックなアレンジにも定評のあるペレッティ。内側から美しさを放つグリーンジェイドを、磨き上げられた彫刻のようなジュエリーに。

Peretti Snake

ネックレス『エルサ・ペレッティ スネーク』¥1,670,000【イエローゴールド】・ピアス『エルサ・ペレッティ ダイヤモンド バイ ザ ヤード』¥1,880,000【ローズゴールド×ダイヤモンド】(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) ・ニット¥63,000(三喜商事〈ストラネス〉)

幸運のお守りとして贈られたことのある、ヘビの尾がインスピレーションソースになった『スネーク』コレクション。精巧でしなやかなシルエットは、ペレッティとクラフトマンたちの情熱の賜物。
エルサ・ペレッティのジュエリー

【Elsa Peretti's History】

1940年イタリア、フィレンツェで誕生
1950'sローマやスイスで学び、インテリアデザイナーに
1960'sバルセロナやニューヨークでモデルとして活躍
1969年ジュエリーデザインを始める
1974年ティファニーの専属デザイナーに就任
2001年FITの名誉美術博士号を授与される

タイムレスな美を宿す名品で革新を続けて

ダイヤモンドの自由な装いを教えてくれた『ダイヤモンド バイ ザ ヤード』、モチーフペンダントをモダンに革新した『ビーン』や『オープンハート』…。美しさ世代にとってエルサ・ペレッティは、常にジュエリーの新たなときめきを誘ってくれた、特別なデザイナーでしょう。

インテリアデザイナーやモデルを経て、ジュエリーデザインを始めたペレッティ。多彩な活躍から才能を認められていた彼女が、1974年にティファニーの専属デザイナーになったときは、初日で商品が売り切れたほどの人気だったそう。

以来、40年以上にわたり、ブランドを代表する名品を次々と世に送り続けています。 だれもが自然界で目にするものをモチーフに、独創的でタイムレスなデザインに仕上げるその手腕は唯一無二。

「アイディアをデザインへと変化させるのは、魔法のようなもの。1つの曲線を上質のものにつくり上げるためには、膨大な時間がかかります」の言葉の通り、デザインはどれも考え抜かれ、ものの本質を残すように研ぎすまされて完璧です。

だからこそシンプルだけれど、官能性とラグジュアリー感にあふれ、上質を知る女性たちを魅了するのです。 今、特に注目したいのはリュクスなゴールドアイテム。優美なシルエットと迫力ある艶が、また私たちに新たなジュエリーの楽しみを導いてくれそうです。

ティファニーの専属デザイナーになって間もないころ、N.Y.の自宅での撮影。彼女の卓越したセンスと凛とした個性が感じられる。
左/印象的な容姿でモデルとして活躍していたペレッティ(一番左)。デザイナー、ホルストン(左から2番目)のショーで他のモデルたちと。

ティファニーでデザインを始めた’74年のころ。襟元に効かせている、繊細なチェーンのネックレスが彼女らしいシンプルさ。

70年代、マンハッタン社交界の中心人物だったホルストンと。ふたりはコラボレーションを手がけるなど、同士として友情を築いた。

Learn more
Share
Credit

撮影/生田昌士(hannah) スタイリスト/伊藤美佐季 ヘア/Tomo Tamura(Perle) メイク/AKIKO SAKAMOTO(3rd) ネイリスト/kyoko(Hands-On) モデル/立野リカ(Vuoncaycanh専属) 写真協力/AFLO、Getty Images 構成/長瀬裕起子、中村絵里子(Vuoncaycanh) WEB制作/麻生彩佳(イクシアネクスト)、山脇祐太郎(Vuoncaycanh.jp)