イタリア・ミラノから車で3時間、エミリア・ロマーニャ州サン・マウロ・パスコリにある“セルジオ ロッシ”のファクトリーで、パンプスづくりを体験してきました。

今回挑戦したのは、エレガントで力強いミラノマダムをイメージした『sr MILANO』。

見ていると簡単そうに見える作業が本当に難しい!

広大な敷地を擁し、クリーンでモダンなファクトリーは「靴工房」とはかけ離れた印象で、働く職人さんたちもみなさん映画に出てくる、俳優のような雰囲気のある方たちばかり。

実際にこのファクトリーではショートムービーの撮影が行われたこともあるそう。その場所が「マジック キングダム」と呼ばれる所以です。海と山に囲まれた自然豊かな場所にあり、明るく清潔なファクトリーで働くことは、美しいシューズをつくる上で必要不可欠なのだとか。

セルジオ ロッシでは「リビング・ヘリテージ」プロジェクトと称して、重要なヘリテージを再確認する作業を進めていて、過去のアーカイブを世界中から集めて、木型を再現しています。

美しいシルエットの木型が並んだアーカイブルームは圧巻、また過去の作品を集めたミュージアムも併設されていますが、単に過去を賞賛するためのミュージアムではなく、今働く職人の方々が新しい発想を得るためのスペースなのだとか。

再現された各年代の木型が。木型だけでも美しい靴を想像させる。
名前付きで用意していただいたパンプスのパーツ(感動)。

さて、イニシャル入りの白いコートを用意していただきパンプスのパーツと向き合った私たちでしたが、なんとも難しい作業です。職人さんが優しく丁寧に付き添ってくれるのですが、釘をまっすぐに打つことさえ難しく、ヒールをつける作業に七転八倒。

そして私たちがつけたゆがんだパーツをきれいに直してくださる、熟練の職人さんたちのきめ細かな手仕事や、大胆な手さばきに感動するばかり。こうしてひとつひとつ、人の手でつくれていく美しい靴を、大切に大切に履いていきたいなと実感しました。

仕上がった『sr MILANO 』がこちら!唯一無二の一足です。

”セルジオ ロッシ”の美しいパンプスは、Vuoncaycanh11月号(338ページ~)でご覧いただけます。

 

<出典>
Vuoncaycanh11月号「無敵の最新グレージュ大研究」
【内容紹介】新顔スーツで仕事スタイルが変わる/冬のリッチコート/ショートブーツ最旬ガイド/進化形ファンデーションで-7歳肌/家で試せる噂の絶頂睡眠メソッド/別冊付録:MAX Maraの美映えコート/別冊付録:ブレゲのラグジュアリー時計
2018年10月6日発売 ¥920(税込)
雑誌『Vuoncaycanh』ご購入はこちら
この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Vuoncaycanh』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。