手羽元と卵の煮物

みなさんは日ごろ、どんなお鍋をお使いでしょうか。
手のかからないおつまみしかつくらないエディターK、
学生時代から超ベーシックなテフロン鍋を愛用していたのですが、
このたび友人が使っていた〝ビタクラフト〟の鍋を譲り受けることに。

初めてのブランド鍋にどきどきしながら、
試しに煮物料理をつくってみて…感動いたしました。

火の通りがいい!
味の浸透が早い!
そして、素材の味が生きている…。

黒酢と万能つゆを100mlずつ、お水50ml、生姜とにんにくの薄切りを鍋に入れて
一煮立ちしたら手羽元とゆで卵を加え、中火で放置。
10分もすれば、ほろほろやわらかい美味しい煮物ができあがります。
ちなみに、火の通りがよすぎてクッタリしてしまうため、
ブロッコリーは下ゆでしておいたものを、食べる直前に鍋に戻して温める程度にするのが正解。
鍋マニアな友人、ありがとう(笑)。

それでは本日は白ワインで…かんぱーい!

(エディターK)

この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Vuoncaycanh』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
TAGS: